2017年07月07日

住宅ローンは最悪の場合の備えにもなる??ガン団信についてのお話

こんにちは!

さてさて、今日は最近しみじみ考えた、住宅ローンについてのお話です。

最近、病気についてしみじみ考える機会がありました。

ガンを患う方が多いなぁと・・・

身近な親戚や、子どもの友人のお父さんなど

ガンと闘っている人が身近にいます。

手術をしても再発のリスクがあるとはいえ、

元気に暮らしている姿を見て、医学の進歩を信じ、

完治を願っている今日この頃です。

 

さて、そんな「ガン」ですが、銀行住宅ローンの「ガン団信」ってすごいなぁとしみじみ思いました。

通常の団体信用生命は、住宅ローンを払っている人(通常でいえば一家の大黒柱のお父さん)

が亡くなった場合に、住宅ローン残高を払わなくてよくなるいわば保険のようなものです。

それが最近、ガン団信に加入できた場合(52歳未満の方が対象)

は「ガンと診断されたら」住宅ローン残高が0円になるんです。(一部対象外のガンもあり)

20170707ginkou

(画像は2017年7月7日現在の鹿児島銀行HPから転載させて頂いたものです)

やはり「ガン」になると、手術や入院、退院後も数ヶ月に1度の通院・検査が必要だったり、

治療するためのお金が必要です。

そんな中、住宅ローンの支払いが無くなるというのは、本当に助かりますよね。

ちなみに私の親戚は家を建てるのが少し年齢的に遅くなったとはいえ、

ローン契約直前にガン発覚でガン団信に入れず・・・

子供の友人ご家族は、まだガン団信が無いころの住宅ローンを

契約していたため対象外・・・

と私の周りに「ガン団信の特約を受けられた人」という方はいないのですが・・・

我が家はまだガン団信が無いころの住宅ローンを契約していたのですが、

数年前、家のリフォームをきっかけに住宅ローンの借り換えを実行。

健康診断で良好な成績の旦那様のおかげで、現在はガン団信付の住宅ローンを契約しています。

「病気になった場合」や「死亡した場合」等の最悪の事態

あまり考えたくはないことなのですが、悪い場合の備えを考えておくと

安心だなぁと思った今日この頃でした。

(こういうお話は、実際の悪かった話を聞くと一番考えさせられますね・・・

なんだかんだできっと元気で暮らせるはずだと思ってしまうものです)

何はともあれみんな健康が一番!

今日の七夕の願い事は「家族みんな元気で幸せに暮らせますように」にしたスタッフでした^^  


2017年05月25日

銀行ローン比較!今の自分に一番あったローンは??

さて今日は銀行ローンのお話です。

先日スタッフの母が車を購入しました。

その際現金でなく、ローンを組んで購入したのですが・・・

ディーラーさんのローン金利と、信用金庫さんのローン金利を比較してちょっと驚いたところでした。

ディーラーさんの金利は、ディーラーさんごとに違いますが高いところでは8%!

信用金庫さんの金利は、信用金庫さんごとに違いますが、今回は1%!

↓↓↓200万円の車を購入し、5年間で返済した場合で比較してみると↓↓↓

ディーラーさんのローン↓

  200万円借入 元利金等 金利8% 5年間返済↓

         毎月40,552円返済 総額2,433,145円

信用金庫さんのローン↓

  200万円借入 元利金等 金利1% 5年間返済↓

         毎月34,187円返済 総額2,051,216円

 

なんと毎月の返済が6,365円違い総額返済の差額は381,929円!!!

同じ金額を借りて、同じ期間返済するのに、金利が違うとこんなに差が出てくるのです・・・

 

車の購入で、たった5年間でこんな差額が生まれるのだから、

家の購入、35年間の返済になると本当に大きな差が出てきますね。

(住宅ローンで8%の金利というのは昨今聞いたことがないですが・・・)

最近の銀行ローンは、ガン団信がついていたりと銀行によって様々な特典があります。

保証料がかかったり、いらなかったりというのも銀行によって違います。

当社ではお客様によって、どのローンがあっているのかも併せてご提案させていただきます。

銀行さんからも返済シミュレーションのお見積もりを頂いて、比較して決めることができます。(審査に通るのが前提ですが)

 

理想のおうちを手に入れるために、お金の計画もしっかりプランニングしましょう!!